40代美容

オヤジ化してきたダサい夫を、かっこよくする方法

妻

夫が近年、オヤジ化してきた。
妻がいくら綺麗になっても、夫がこれじゃぁ一緒に歩きたくない。
でも、夫にそれとなく言うと、不機嫌になる。
どうしたら、エイジングケアに目覚めてくれるの?
かっこよくなって欲しい!

今回の記事では、そんなお悩みを抱える女性に、解決方法をお伝えします。

夫が自分の意思で、ファッション、髪型、体臭、口臭などの身なりを整えはじめる方法です。実は、妻のちょっとした後押しがあれば、夫はどんどん変われるのです。

この方法で、ステキな夫婦を目指しましょう!

* 本記事は寄稿記事です。

ブロガーコラボ化プロジェクト「Blozine(ブロジン))」に参加し、フリーランスライター・編集者で、男性視点の子育てサイト「パパやる」を運営する北野啓太郎さんに書いて頂きました。

 

中年男性は、若づくりがバレるのが怖い

若作りしてカッコつけようとしている男性

まず前提として、ここでの妻の役割は「夫に勇気を与えること」と覚えておいてください。

具体的には……

磨いた革靴を履くと、堂々とした男に見えるね
髪をセットすると、急に凛々しくなるね
ママ友に、かっこいい夫だねと言われたよ

と、いった具合に。

逆に言うと……

ダサい
臭い
だらしない

と言われると、勇気はくじかれます。

 

実は、中年男性の中には「急におしゃれをして、周りからつっこまれるのが不安」「若作りがバレるのが怖い」と思っている方が比較的多くいます。

既におしゃれなミドルエイジは、ここでは関係ないですよ。

そうした不安要素を抱えていて、一歩踏み出せない男性もいるのです。

そこで妻は、「夫の不安をそれとなく取り除いてあげて、勇気を与える」ことが基本姿勢となります。

・【妻が勇気を与えると】夫はどんどんかっこよくなる!
・【妻が勇気をくじくと】夫がますますオヤジ化する……

 

男性には、数値・ロジックが効く!

数値・ロジックを使い仕事をする様子

次は、男性に気持ちよく動いてもらうコツです。

男性は論理的、女性は感情的

こんな言葉を聞いたことはありませんか。

女性が「嫌な上司にいじわるをされて辛かった気持ち」を彼氏・夫に話したとき、「大変だったね」と共感してくれない。気持ちに寄り添ってくれない。それどころか、険しい顔つきで解決方法を提案してきたり、「それはお前も悪い」と叱ってきたりする。

いやいや、違うだろ……と。

でもこれ、逆に考えれば、「男性は論理的(ロジカル)な説明が好き」ということ。

つまり、数値を示したり、ロジカルに説明したりすると、男性は「なるほど!」と腹落ちし、自らの意思でアクションを起こせるのです。

人には個性があるので100%すべての男性がそうだとは言い切れませんが、「うちの夫は理屈っぽいな」と感じる場合、数値・ロジックは大変効果的です。

 

【ファッション】MBさんのロジカルな着こなし方を知る

それでは、いよいよ具体的な改善方法です。

まずはファッション。

ここでご紹介するMBさんは、僕が心底リスペクトしている男性ファッションブロガーです。


先日テレビ出演もなさっていました。

 

敬愛するきっかけとなったのは、共働きのママとパパに役立つ情報サイト「日経DUAL」で、MBさんの特集記事を書かせてもらったこと。

そこでMBさんは、「おしゃれはセンスではなくロジックだ」と持論を披露してくださったのです。

ファッションセンスという言葉があるように、「おしゃれになるにはセンスを磨く必要がある」と僕はこれまでずっと思い込んでいました。

しかし、MBさんが提唱するロジックに沿って今日着る服を組み合わせると、センス不要で、誰でもおしゃれになれるのです。

しかも、高級ブランドではなく、全身ユニクロ・GUであっても。

 

そのロジックの中でも最たるものは、「ドレスとカジュアルのバランスは7:3」

ドレス寄り(ツース)とカジュアル寄りのアイテムを、7:3で組み合わせるという黄金比です。たとえば、カジュアルなTシャツを着る場合、パンツと靴をドレス寄りにする、といった具合です。

……え、なにそれ。
ドレス? カジュアル? バランス!?

僕は、初めて聞くファッションのロジックに、とても驚かされました。

それもそのはず、MBさんは日本で初めてメンズファッションのおしゃれを言語で体系化された方なのです。

これは、おしゃれの方程式!

おしゃれに自身の無い男性は、ハッとさせられると思います。

 

そこで、妻の出番。

「おしゃれはセンスじゃなくてロジックらしいよ」と、夫に教えてあげてください。

「なにそれ?」と興味を持ってもらえたら成功です。

 

以下の記事、動画のいずれかを、旦那さんに上手く案内してみましょう

書籍はこちら。MB著「最速でおしゃれに見せる方法」

 

【白髪・髪型】「冒険してみたら?」と妻が勇気づける

美容室で白髪染め・カットする男性

個人差はありますが、男性は30代半ばをすぎると、白髪が生えてきたり、髪が薄くなってきたりします。

髪の色や量が変化するので、同じ髪型を続けていても、どうしても印象が変わってきてしまうのです。

なので、加齢に合わせたヘアケアやヘアスタイルは欠かせません。

そこで妻の出番。

髪型、ちょっと冒険してみたら?

と、提案するのです。

既に積極的なヘアケアをされている夫であれば不要なのですが、「うちの夫、髪に無頓着だなぁ」と感じる場合、もしかしたら変化を怖れている可能性があります。

 

夫

白髪染めをしたら、若作りと笑われるかも
髪を伸ばしたことがない
ベリーショートにしたことがない

そう自分に言い訳をしながら、いつもと同じを続けてしまうのです。

でも、妻が先回りをして「イメチェン大歓迎」の姿勢を示してあげることで、夫はためらいを大幅に減らすことができます

 

さらに、Google画像検索やPinterestで「40代 男性 髪型」などと検索し、夫に似合いそうな髪型を提案してみましょう。

「これ、あなたにきっと似合う!」

そこまで後押しされたら、勇気が湧いてきて、もう理髪店へ向かうほかありません!

 

【体臭・口臭】Kunkun bodyを買って、臭いを数値化する

一緒に眠る夫婦

体臭・口臭というのはやっかいで、自分では気づきません。

もし気づけるのなら、一日中嫌な臭いがつきまとって大変ですよね。

どこへ行っても、何をしていても臭い。そんなことはないですよね。

体臭・口臭を改善するためには、まず自分の臭いを認識する必要があります。

 

でもカラダの臭いって、他人から指摘されるのは嫌なものです。

夫婦間であっても「臭いよ」と言われると、ドキッとしつつも、反発したい気持ちも湧き上がってきます。「うるさいよ!」……と。

 

そこで、臭いの指摘は人が行うのではなく、機械に任せましょう

まず、妻が自分の体臭・口臭が気になるという理由で、自分のために体臭・口臭チェッカーを購入します。それを使いながら、夫にもそれとなく使用を促すのです。

 

妻

嫌な臭いを数値化してくれるよ
ストレスが原因で体臭が出ることがあるんだって
臭いから、肝臓や腸などの異常に気づけることがあるらしいよ

健康のためと言われると、「ちょっと試してみるか」という気になりやすいでしょう。

 

おすすめは、コニタミノルカのKunkun body(クンクン ボディ)。

これは世界で初めてニオイを見える化したチェッカーで、加齢臭、ミドル脂臭、汗臭、口臭を嗅ぎ分けて数値化してくれます。

計測結果はスマートフォンに表示され、日々の匂いを管理

つまり、体臭チェックを習慣化できるのです。

カラダのどの部位で、どんな臭いがあるのかがわかれば、対策を取ることができます。

デンタルケアをしたり、体臭予防用ボディソープを使ったり、専門医に診てもらったり、食事・アルコールなど生活習慣を改善したり。

体臭・口臭対策は、健康維持も兼ねているので一石二鳥です!

 

夫婦で楽しみながら、エイジングケアを!

手をつなぎ歩く夫婦

ここまで読んでいただきありがとうございます。

先にも書きましたが、既に自分の身なりに積極的になっている男性に、これらの説明は不要です。

しかし、そうではない男性は、「気にはなっているけど、人からどう思われるか……」と、不安を抱えている場合があるのです。

そんな男性にとって、妻の後押しはとても励みになります。

エイジングは夫婦にとって共通の問題。夫婦で楽しみながら取り組めたら、より良いですよね。

ふたりで素敵な夫婦であり続けましょう!

繰り返しになりますが、大切なポイントをもう一度……。

夫には「勇気づけ」が大切です。

アドバイスは、明るく、前向きに!

 

この記事を書いた人

北野啓太郎氏
北野 啓太郎

ブロガーコラボ化計画「Blozine(ブロジン)」発起人。音楽メディアの編集長を経て、2013年にフリーランスとして独立。WEBメディアが好きで、ブログを武器にこれまでの人生を切り開いてきた。現在、フリーランスライター・編集者、そしてブロガーとして活動中。男性視点の子育てサイト「パパやる」、学びと気づきのネタ帳「Swingin’ Thinkin’」。

<SNS>
ツイッターFacebookインスタグラム ・You Tube

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください