毎日を楽しく

プロパンガス(LPガス)料金を年間約5万円値下げできた体験談

自宅のガス代が高いので、ずっと悩んでいたゆきな(@yukinurse_mama)です。

 

我が家はプロパンガス(LPガス)を使っていますが、冬は子供たちが湯船にはつからずシャワーを長時間使うのでひと月の請求額が25,000円ほどになることもあって、ガス代をとにかく下げたいと思っていました。

 

もうどうしたらいいのか!血眼になってネット上に答えを探すうちに驚愕の事実にたどり着きます。

 

ガス代が高くて困ってるなら、安いガス会社に乗り換えていいんです!!

 

私は今まで全然知らなくて、長い間ずっと高いプロパンガス(LPガス)代金をがんばって払ってきました…

 

ただそうは言っても、どんなガス会社があってガス代がいくらなのか、自分で調べるのは難しいですよね?

 

だから私は「エネピ」という無料のプロパンガス代金比較サービスを使って安い会社を紹介してもらいました。

 

今契約している会社(以下A会社とします)や紹介してもらった会社(以下B会社とします)と色々やりとりをするうちに、A会社がガス代を値下げしてくれることになり、結局ガス会社の切り替えはしなかったのですが、ガス代を約30%も安くすることに成功しました!

 

計算すると、1年間で約5万円もガス代が安くなるのでもうビックリ!

 

この記事では、我が家が「エネピ」をきっかけにしてガス代を年間約5万円も値下げできた体験談をお送りします。

 

今支払っているガス代が高くて悩んでいる人はぜひご覧ください!

 

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

 

自分の家のガス代が安いのか高いのかチェックしよう

プロパンガス(LPガス)代金は料金設定に法的な規制がないので、販売店が自由に決めていいんだとか!

 

だからといって、あまりに高い代金に設定してしまうとお客さんが離れてしまうので、近隣の他のガス会社と足並みをそろえて、ちょうどいいくらいの代金に設定してあるのが現状なのだそうです。

 

まずは、今契約している会社のプロパンガス(LPガス)代金は適切かどうかを調べてみましょう。

 

我が家のガス料金です…

一般的にこの金額は高いのか?安いのか?

自分で判断するには難しいので、簡単に分かるツールを使ってみることにしました。

 

登録することなく簡単に無料で診断できるので、やってみましょう!

 

ガス代が高いか安いか診断してくれるだけなので安心して下さいね!

 

ちなみに私の結果はこんなカンジ。

我が家はガス使用量がふつうのお宅より多いので、従量単価が高く出てしまいましたが、やっぱり高いようです(;^_^A

でもガス代を35,510円も節約できる可能性があるということなんです。

 

従量料金とは、ガス使用量に応じてかかる料金

通常、ガス使用量1m3あたりの単価が決まっていて、使用量が増えると単価が割引される方式になっている。

 

この結果を見て、他のガス会社の料金プランが見てみたいと思った人は、早速エネピに登録してみましょう。

「現在のお住まい」か「引っ越し先」どちらか選ぶと次の画面に変わります。

 

必要事項を入力し登録完了すれば、他のガス会社の料金プランを見ることができますよ。

 




プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

プロパンガス(LPガス)代金の仕組み

プロパンガス(LPガス)代金は、ガス会社によって4種類の形態があります。

 

基本の形はコレ↓

ガス料金 = 基本料金 + 従量料金 (単価料金 × ガス使用量) + 消費税

 

先ほども書きましたが

従量料金とは、ガス使用量に応じてかかる料金

通常、ガス使用量1m3あたりの単価が決まっていて、使用量が増えると単価が割引される方式になっている。

 

会社によっておおまかに4種類の料金形態があります。(それぞれ消費税がかかる)

 料金形態  算出方法
 二部料金制  基本料 + (従量単価 + 使用量)
 スライド制  基本料 + (従量単価 + 使用量)

※使用量に応じて従量単価が変わる

 三部料金制  基本料 + (従量単価 + 使用量) + 施設利用料

※施設利用料とはガス供給に必要な配管や器具の料金

 原料費調整制  基本料 + (従量単価 + 使用量)

※従量単価が原料費によって毎月変動する

 

「原料費調整制」の補足説明ですが、プロパンガス(LPガス)は海外から輸入しているので、場合によっては原価や運搬料が上がったり下がったりするわけです。

それを従量単価に反映させて、上げたり下げたりしますよということ。

 

ちなみに我が家は(A会社)スライド制でした。

 

基本料金1900円

重量料金

  • 0.1 → 9.9㎥単価600円
  • 10.0 → 15.9㎥単価590円
  • 16.0 → 24.9㎥単価520円

 

そして、エネピから紹介されたB会社は原料費調整制でした。

 

プロパンガス(LPガス)代金比較サービスを使うメリット

  • 無料でガス代の一括見積を出してもらえる
  • 厳選された優良なガス会社を紹介してくれる
  • 紹介から契約までしっかりフォローしてくれる
  • 不当な値上げに対応してくれる

プロパンガス(LPガス)代金を値下げしてもらうために自分ひとりで動いたとしても、ここまでするのは難しいので、やはり専門的な知識と情報をもったこれらのサービスを利用しない手はないです!

ただしデメリットもあります。

 

デメリット

  • 電話、メールなど手続きが面倒
  • ガス会社には悪徳業者もいるので注意が必要

 

ゆきな
ゆきな
手続きが面倒なのは良く分かります!

 

私もそうでしたよ…

でもずっと高いガス代を払い続けるなんて絶対嫌だったから、私は行動を起こしたのです。

 

現在は、新しく乗り換える方の会社が代行で手続きしてくれるようになっているそうなので安心してください。

▲「エネピ」申し込みページより引用

 

 

次の項目でも詳しく書きますが、【エネピ】という業者は評判も良いし、丁寧に対応してくれましたのでとても気持ちよくやり取りできました。

 

ガス会社の中には悪徳な会社もあるので、紹介されたガス会社のことはネットで念入りに調べてから決めました。

ネットが100%正確とはいえませんが、まったく調べずに後で怖い思いをするのもいやだったので。

 

プロパンガス(LPガス)代金比較サービスは、面倒くささを乗り越え、注意して利用すればとてもお得なサービスですよ。

 

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

 

エネピが怪しくない理由

無料で安いガス会社を紹介してくれたり、切り替えを代行してくれたりするなんて、ちょっと怪しいな…って不安になっていませんか?

無料でサービスを提供できるのは仕組みがしっかりしているからです。

下の図をご覧ください。

 

上の図を説明すると

  1. プロパンガス代金比較サービスが、無料で見積書を提示してくれる
  2. その中から、安くて信頼できそうなガス会社を選び、プロパンガス料金比較サービスにガス会社切り替えの依頼をする
  3. プロパンガス料金比較サービスは、新規の客として自分を新しいガス会社に紹介する
  4. 自分(お客さん)と新しいガス会社は契約を結ぶ
  5. 新ガス会社は、新しい客が増えることで今後収益が上がるので、プロパンガス料金比較サービスに紹介料を支払う

 

自分(お客さん)とプロパンガス料金比較サービスと新しいガス会社の関係はこのようになっているんです。

これはお互いに利益をえられる形態になっていて立派にサービスが成り立つので、怪しいことは一つもないんですよ。

 

ゆきな
ゆきな
私もエネピに登録して、担当者の人と電話で話しましたけど、全く怪しいとは思いませんでしたよ。

 

ちなみに、プロパンガス(LPガス)代金比較サービスのサイトはエネピ以外にもたくさん存在していますが、サービスの内容や対象エリアがそれぞれ違うようです。

 

提携しているガス会社も同じではないので、1社で満足できない場合は複数のサイトに登録するのがいいのではと思います。

 

私がもうひとつ気になった【ガス屋の窓口】というサイトは、「1年間返金保証サービス(業界初)」があるのでかなり手厚いサービスだなと感心しました。

「解約手続きもすべて代行」とあるので、手続きが面倒だなと思う人にはピッタリです^^

 

ガス代が最大60%OFF?!【ガス屋の窓口】

 

我が家のガス代を安くした私の行動

エネピに登録すると、翌日エネピより電話がかかってきました。

内容は、今契約しているガス会社(以下A会社とします)よりもガス代が安い会社が、私が住む地域に1社あるとのこと。

 

紹介してくれた会社(以下B会社とします)だと、ガス代が年間約〇〇〇〇円(具体的な数字でした)安くなるということでした。

 

私はぜひ話を聞いてみたいと思ったのでそう伝えると、担当の女の人はB会社の担当者にコンタクトをとってくれて、2日後にB会社の担当者が家に来てくれることに。

 

B会社のプロパンガス(LPガス)料金の話を資料を見せてもらいながらしっかりと聞き、旦那さんと母にも相談ののちB会社に切り替えることを決意

 

一応B会社のことをネットで調べましたが、A会社よりも大きい会社で、料金のしくみもしっかりとしているし、訪問してくれた社員の方も感じが良くて怪しさは感じませんでした。

 

切り替えの最初の手続きは、まず私の方からA会社に解約の電話を入れることから始まります。

※エリアによっては切り替え先のガス会社が解約手続きをすることもあり。

 

ゆきな
ゆきな
あ…電話苦手なんだけどな…

 

でも私はガス代が値下げできるなら何でもする!という強い気持ちでいたので、勇気をだしてA会社に電話したのですが、予想通り引き留められたわけで…

 

私は思いをそのまま伝えました。

「そちら(A会社)には全く不満はないんです。

でも家計が苦しくてどうしてもガス代を安くしたいから、ガス会社を替えたいのです。」

 

私の申し出を受けてA会社で協議が行われたようで、翌日

「B会社の料金に合わせるので契約を続けてもらえないでしょうか」

と言われました。

 

私的には、ガス代が下がればどこの会社だっていいのです。

しかもA会社は今まで20年程お付き合いのある会社なので信頼しています。

私は迷うことなく快諾し、B会社との約束はキャンセルしました。

 

B会社の担当者に電話して伝えると、嫌な様子も見せず「ガス代下がって良かったですね!」と言ってくれたので、それはそれでビックリでした。笑

 

料金表を並べてみると、基本料金は同じですが、従量料金が大幅に値下がりしたのが一目瞭然

後日改めて、我が家専用と思われる料金表が届いていました(;^ω^)

 

今回の私のように、ガス会社に解約の申し出をしたら「値下げするので解約しないでください」と引き留められることは多いのだとか。

 

でも値段を一時的に下げるだけで、後になって色々と理由をつけて値段を上げたりする事例も多いようですので、私も今後ガス料金が上がっていっていないか注意深く見ていきたいと思います。

 

1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】

 

我が家のガス代の変化

我が家のガス代が実際にどれくらい下がったのか表にしました。

 

2017年9月から2018年8月までの1年間のプロパンガス(LPガス)使用量とガス代を左側に表示し、新しい料金プランで計算したらいくらになるのかを右側に表示しています。

 

 日付  ガス使用量(㎥)  旧ガス料金(円)  新ガス料金(円)
 ’17年

9月

 18  12,190  8,740
 10月  20  13,780  9,500
 11月  34  18,080  12,780
 12月  34.5  18,160  12,940
 ’18年

1月

 53.6  24,220  19,050
 2月  45.6  21,840  16,490
 3月  37.7  19,270  13,960
 4月  37.9  19,300  14,030
 5月  29.1  17,201  12,960
 6月  23.3  14,834  10,750
 7月  17.3  11,779  8,470
 8月  14.4  10,092  7,370
合計 200,746 147,040

1年間のガス代の合計は、旧ガス料金だと200,746円、新しいガス料金だと147,040円となり、53,706円も値下がりした計算になります。

すなわち3割近く安くなることになるのです!

 

ガス代を値下げできた私の感想

ガス代ってこんなに下げられるんだ…

言ったもん勝ちだな。

言わないと損だな。

今まで払った高額なガス代は何だったの?

もっと早く言えば良かった…

 

と思ったので、ガス代が高くて困っている人に、ぜひ私のように行動をおこしてもらいたいです!

 

1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】

ガス会社を切り替えるとき気をつけること

賃貸住宅(借家・アパート・マンション)の場合は、大家さん(オーナー)又は不動産管理会社の許可が必要

 

現在のガス会社と契約した時に、契約期間が決められていた場合は、その期間内の解約だと違約金を払わなければならない

まずは契約書を確認すること!

プロパンガスの解約金・違約金について詳しく書いてありましたので参考に。

 

プロパンガス(LPガス)料金が安すぎる会社は要注意

原価の高騰や為替の変動を理由にどんどん不当な値上げをしていく悪徳ガス会社もあるようですから。

 

分からないことはその場で必ず聞く。

特に費用に関することは、分からないことをそのままにして後で「こんなはずではなかった」とならないようにしましょう。

 

まとめ

ガス代が高くて困っている人は

  • 自宅のガス代が一般的に高いのか安いのかを診断する
  • ガス代が高いのなら、安い他のガス会社に切り替える

 

自分で調べるのは難しいので、無料のプロパンガス(LPガス)代金比較サービスを使ってみましょう。

 

私はプロパンガス代金比較サービスを使い安いガス会社を紹介してもらいましたが、結局ガス会社の切り替えはしませんでした。

でも、それをきっかけにして自宅のガス代を年間約5万円も値下げすることに成功しました

 

本当に嬉しかったので、ぜひみなさんにもこの気持ちを味わっていもらいたいです!

 

高いガス代をこれからも払っていきますか?

それとも私のようにガス代を安くして得しますか?

 

1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】

 

 

ゆきな
ゆきな
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください